外壁リフォーム 

外壁は古くなってくると人間の着物と同じで、温度や湿度に弱くなりますし、カビが生じてくるとその面がもろくなります。水濡れの原因や室内に湿度を通してしまうこともあります。外壁の塗り替えは住む方々の健康と財産を守っていますので、お手入れは丹念になさった方が長持ちしてお得です。

塗り替えは塗料選びがとても大切

外壁塗装の塗料 下地の素材や材質に合わせることや相性、季節に合わせてと塗料には選定がとても大切になります。外壁塗装は洗浄後に劣化した塗膜の上にシーラーと呼ばれる新旧塗料の融和材を全面に塗装します。これが非常に大切で、これを省くと次の新しい塗料が早い時期に剥離してしまいます。

防水効果で劣化を防ぐ

剥がれやひび割れ 家の外壁を触ると手に粉状になったペンキが付くチョーキング現象、カビや藻の発生、変色やクラックと呼ばれるひび割れ等が外壁に起こると家の寿命は短くなります。定期的な点検やメンテナンスで遮熱・断熱・防カビなどの効果で大切な住まいを守ります。

しっかりとした技術のある施工

外壁塗装作業 外壁塗装1つでも7つまたは8つの作業工程があり、どれも必要な上に技術力のいる作業ばかりです。天候や季節によって影響を受けるため、対応力も求められます。地域密着で実績500件以上のルチアだからできる高品質・しっかりとした技術・スマートな対応力のあるスタッフにご期待ください。美しい仕上がりを楽しんでいただけます。

^